免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ カテキン

カテキンの免疫力効果

カテキンの効果・効能

 カテキンの主な免疫力効果は、生活習慣病の予防血糖値の上昇を抑える効果肥満予防感染症の予防効果などです。

 緑茶に多く含まれるカテキンは「ポリフェノール」の一種です。アントシアニンやイソフラボンと同様、そのうちの「フラボノイド」に分類されます。1929年に理化学研究所の辻村博士らによって初めて存在が確認され、茶葉中に形の違う4種類のカテキン、エピカテキン・ガロカテキンガレート・エピガロカテキン・エピガロカテキンガレートが存在していることが分かっています。このうちのエピガロカテキンガレートは様々な生理活性に最も強力な効果を発揮すると言われています。

 カテキンは強い抗酸化作用があることで知られています。抗酸化作用とは、老化やガンの原因でもある、活性酸素による細胞のサビつきを防いでくれることですが、カテキンのもつ力はビタミンEの50倍以上だとも言われています。そのため、肉や魚などの脂質や食用油の酸化を防ぐ品質保持剤として用いられるほどです。

 またカテキンは肝臓でつくられる胆汁酸の排泄を促進し、血中のコレステロールの増加を防ぐ働きがあります。血液中のコレステロール値を下げ、血中コレステロール値を正常に保ってくれるため、動脈硬化などの生活習慣病の予防に免疫力効果を発揮するとされています。

 さらに、唾液や膵液(すいえき)に含まれる消化酵素の働きを抑え、時間をかけて消化を行うことで、血糖値の上昇を抑える効果がカテキンにはあるため、糖尿病の予防にも効果があると言われています。

 このようにカテキンがもつ様々な効果は、生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防に力を発揮すると期待され、特定保健用食品(トクホ)として流通しています。

 それに加え、カテキンが胃ガンの原因となるピロリ菌から体を守る働きがあることが明らかになったといいます。緑茶の生産地であり、緑茶を日常的に飲む習慣がある静岡県旧中川根町では、日本人に多い胃ガンによる死亡率が全国平均の5分の1にすぎなかったという報告があります。

 また、静岡県立大学短大と浜松医療センターの共同研究によると、ピロリ菌に感染した患者34名を対象にカテキンを1ヵ月投与したところ、半数以上の患者でピロリ菌が不活性化し、6名の患者では除菌されていることが確かめられましたと言います。この結果からカテキンの持つ抗菌作用は細菌やウイルスから体を守り、感染症を予防する免疫力効果があると期待されています。

 それ以外にも、寿司屋で「あがり」として飲まれているように、食中毒を予防してくれる殺菌作用があります。

 カテキンを豊富に含んだ主な食品には、緑茶、紅茶、ウーロン茶、番茶、ほうじ茶などがあります。

 過剰に摂取した場合の、特に重篤な副作用に関する報告は無いようです。