免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ イソフラボン

イソフラボンの免疫力効果

イソフラボンの効果・効能

 イソフラボンの主な免疫力効果は、更年期障害の症状の改善、骨粗しょう症の予防、生活習慣病の予防や改善などです。

 イソフラボンは大豆や葛(くず)などマメ科の植物に多く含まれるポリフェノールの一種です。そのためポリフェノールに共通している、細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑えてくれる抗酸化作用の働きがあります。

 植物特有のポリフェノールの抗酸化作用とは、太陽の紫外線などで発生した活性酸素が細胞や身を酸化しようとして攻撃するのを守る働きのことです。それにより細胞のサビつきや老化が防がれるため、抗酸化作用がある成分を身体に採り入れることは、老化の促進を遅らせたり、生活習慣病を予防したりする働きがあるとされています。

 また、女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることが分かっており注目を浴びています。エストロゲンは美しい肌やふくよかな体つきをつくる上で欠かせない女性ホルモンのことです。

 しかし、更年期にさしかかると女性はエストロゲンの分泌量が減少すると言われるため、意識してイソフラボンを摂取することが大切になってきます。

 さらにイソフラボンには不足しているそのエストロゲンを補うだけではなく、エストロゲンが過剰に分泌された際にはその分泌量を抑える抗エストロゲン作用という働きがあるとされています。そのためエストロゲンの過不足を調整する効果があるとされています。

 特に女性ホルモンの減少によって引き起こされる更年期障害の症状はエストロゲンの減少が理由だとされているため、イソフラボンは更年期障害に効果があるとして期待が高まっています。

 また、骨粗しょう症はエストロゲンの減少と骨密度の低下によって引き起こされるとされていますが、イソフラボンには、骨のなかのカルシウムを溶け出さないようにする働きもあると言われているため、骨粗しょう症予防にも効果的だと言われています。そのほか乳がんや子宮がんの予防にも有効だとされています。

 イソフラボンを豊富に含んだ主な食べ物としては、大豆、納豆、きなこ、豆腐、もやしなどがあります。

 過剰摂取すると女性ホルモンのバランスを逆に崩してしまうおそれがあるため、1日あたりの目安摂取量40~50mgを守った方が良いとされています。