免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ ルチン

ルチンの免疫力効果

ルチンの効果・効能

 ルチンの主な免疫力効果は、出血性の疾患の予防生活習慣病の予防・改善心疾患の予防などです。また、糖尿病予防認知症予防変形性関節症の改善といった効果もあります。

 ルチンはビタミンPとも呼ばれている、ポリフェノールの一種です。ビタミンCの吸収を助け、ビタミンCとともに毛細血管を強くする作用や血圧を下げる作用があるので、高血圧の予防、特に脳血管障害や心臓疾患などを予防する免疫力効果で有名です。

 ポリフェノールは、多くの植物が光合成する際に作られる色素や苦み、渋み、アクの成分のことで植物に対して細胞の生成、活性化、分裂を助け、外部からの有害物を無毒化するなどの働きがあります。

 人が摂取すると、主に脂質と酸素が結びつくのを阻害するため、体内の酸化を阻止する抗酸化作用があると言われています。そのため、老化防止やがんのリスクを低下させる効果が期待されています。また、脳細胞の酸化も防ぐため、認知症の予防といった免疫力効果を発揮するとされています。

 ルチンは他にもすい臓にも働きかけ、インスリンの分泌を促して糖尿病を予防する効果や、酵素の一種であるトリプシンとブロメラインと併用すると、膝の痛みを伴う変形性関節症に有効であったという報告もあると言われています。
 
 ルチンを豊富に含んでいる主な食べ物には、蕎麦(そば)、ケール、アスパラガス、ほうれん草、なす、などがあります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用に関する報告は特にありません。