免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ アリシン

アリシンの免疫力効果

アリシンの効果・効能

 アリシンの主な免疫力効果は、疲労回復効果、生活習慣病予防、血糖値の上昇を抑える効果、血流改善、感染症予防などです。

 アリシンはにんにくやたまねぎに含まれている成分で、硫化アリルの一種です。強烈なニオイや涙の元となっています。

 アリシンには、ガンを防ぐ強力な抗酸化作用があります。また、風邪や気管支炎の原因になる連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す強い殺菌・抗菌力があり、胃潰瘍を引き起こすピロリ菌やO-157菌にも有効とされる報告もあります。

 また、にんにくに代表されるように、疲労回復にも有効です。アリシンは、ビタミンB1と結合するとアリチアミンという物質に変化します。ビタミンB1は余分に摂っても水溶性のためすぐ流れてしまいますが、アリチアミンは脂溶性のため長く血液中に留まり、疲労に対する作業効率を高めます。

 にんにくにはビタミンB1が微量に含まれているため、最初からアリチアミンが存在しますが、疲労回復効果をもっと高めたい場合は、ビタミンB1を多く含む食品と組み合わせると良いそうです。

 アリシンは100℃のような高温ではない温度で熱することで分解・重合反応を起こし、アホエンという成分に変化することが分かっています。

 アホエンには心臓病や脳梗塞のリスクを低減するほか、コレステロール低下やボケ予防、疲労やストレスの回復、アルツハイマー病予防、記憶力アップといった、アリシンよりもさらに強力な免疫力効果が期待出来るということです。

 アリシンを豊富に含んでいる主な食べ物には、にんにく、玉ねぎ、長ねぎ、あさつき、にら、らっきょう、などがあります。

 過剰摂取した場合、アリシンには肝機能を高め、毒素の分解率を高める働きがあるため、風邪薬などの抗生物質と同時摂取すると抗生剤すらも分解し、効果を弱めてしまう事があるとされています。

 また整腸作用が強いため、腸が活発になりすぎ、お腹が緩みすぎることも考えられます。

 そのほか備考ですが、アリシンが多く含まれているにんにくを過剰に摂った場合、胃や腸の荒れ、腹痛や下痢を引き起こすと言われています。

国産 にんにくホワイト六片種使用『ミリオンパワーSG』