免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ βグルカン

β‐グルカンの免疫力効果

β(ベータ)グルカンの効果・効能

 β(ベータ)グルカンの主な免疫力効果には、免疫細胞の活性、ガンの抑制、コレステロール値の低下、腸内環境を整える効果などがあります。

 食物繊維の仲間であるβ-グルカンは、グルコースがグリコシド結合でつながった高分子量の多糖体です。キノコ類や酵母などの細胞壁に存在しており、摂取しても胃腸で消化、分解されずに腸内の免疫担当細胞に働きかけます。

 そのため、免疫を担当するマクロファージやリンパ球を刺激して免疫力を活性化することで知られています。

 きのこ類の中では特にまいたけにはβ-グルカンが多く含まれ、免疫力の向上の他にも、アレルギーの予防や改善効果、抗腫瘍効果、コレステロール値を下げる効果があると考えられています。

 また、しいたけに含まれるβ-グルカンは「レンチナン」と呼ばれ、リンパ球やナチュラルキラー細胞(NK細胞)などの活性力を高める働きをするとともに、抗腫瘍効果(がん細胞増殖の抑制)があるとされています。そのため、抗がん剤として医療現場において活用されているほどです。

 β-グルカンを豊富に含んでいる主な食べ物には、キノコ類、パン酵母などの酵母、オーツ麦や大麦、などがあります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用に関する報告は特にありませんが、過剰摂取は避け、適量の摂取が好ましいとされています。