免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ オレイン酸

オレイン酸の免疫力効果

オレイン酸の効果・効能

 オレイン酸の主な免疫力効果には、コレステロール値を下げる効果生活習慣病の予防動脈硬化心疾患の予防便秘を解消する効果などがあります。

 一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸には善玉コレステロールを減少させることなく、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。コレステロールや飽和脂肪酸を多く含んだ動物性脂肪などの摂り過ぎや、高カロリーの食事は、悪玉コレステロールが過剰に増える原因になります。

 その悪玉コレステロールが血管内壁に付着してしまうと、血管が塞がれ、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす大きな要因になってしまいます。

 しかし、オレイン酸は増えすぎた悪玉コレステロールを減らしてくれるため、生活習慣病をはじめとし、動脈硬化や高血圧、高コレステロール血症、心臓病などの予防に免疫力効果を発揮すると言われています。

 また、オレイン酸には酸化しにくい性質があるため、体内で活性酸素と結びついて過酸化脂質になりにくいとされます。過酸化脂質はDNAに損傷を与えることで発がんを招きやすく、さらには動脈硬化にもつながるので、過酸化脂質になりにくいオレイン酸を摂取することは、がんや動脈硬化の予防に効果的であると言われています。

 その他、小腸で消化吸収されにくく、腸に刺激を与えるため、便秘解消の効果があるとされています。それ以外にも胃酸の分泌を調整し、余計な胃酸を抑える働きなどがあります。

 オレイン酸を豊富に含んでいる主な食べ物としては、オリーブ油、菜種油、紅花油、ひまわり油、アーモンド、ピーナツなどがあります。

 過剰摂取に関しては、多く摂取しても効果は高まらず、逆に肥満になるおそれがあるので、注意が必要です。