免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ クエン酸

クエン酸の免疫力効果

クエン酸の効果・効能

 クエン酸主な免疫力効果は、エネルギーの生成疲労回復筋肉痛を防止する効果ミネラルの吸収促進などです。そのほか痛風に対する効果食欲増進肝臓病の改善といった効果もあります。

 クエン酸は有機酸のひとつで、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や梅干しのすっぱさのもととなっています。

 またクエン酸は、体の中では「クエン酸回路」というメカニズムに関わっています。摂取した食べ物は、体内に吸収されてぶどう糖に変わり、さらには酵素やビタミンなどによって燃やされることでエネルギーが産生されます。

 体内のエネルギー源をエネルギーに分解しているのは、8種類の有機酸(クエン酸・フマール酸・リンゴ酸・グルタル酸など)ですが、この有機酸のサイクルが「クエン酸回路」と呼ばれ、中でもクエン酸は、サイクルの働きを活発にし、乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ出す働きがあるとされます。

 クエン酸は、体内で食べ物を分解し、エネルギーを生み出すための代謝過程、クエン酸回路を順調に回転させるためには必要不可欠です。クエン酸をしっかりと取り入れることで、クエン酸回路が活性化し、エネルギーが順調に作り出されます。

 そのためクエン酸には疲労回復作用があると言われています。疲労の原因の一つは乳酸が体内に蓄積してくことですが、クエン酸は乳酸を分解し、体外に排出する役目があると同時に、クエン酸回路を活発にしエネルギー代謝を促してくれるため、疲労が回復しやすくなるのです。

 また、クエン酸には抗酸化作用があります。クエン酸は、金属イオンと結合する性質があり、カルシウムや鉄、亜鉛などのミネラルを包み込むため、酸化されにくくなると同時に吸収率も上がります。体内に入ったミネラルを体に吸収しやすい形に変え、吸収を助けるこの働きを「キレート作用」と呼びます。

 さらにクエン酸には血流改善の効果があります。体内でアルカリ性として作用するため、血液を弱アルカリ性に保つことができます。

 酸性が強い肉類ばかりを食べていると、血液ガス基準値のpH(水素イオン濃度)が酸性に傾き、血液がドロドロになることが血流を妨げ、様々な問題を引き起こすとされていますが、クエン酸はアルカリ性なので血液をサラサラにし、血流を改善してくれると言われています。

 他にも、その酸っぱさから、胃の働きや胃液の分泌を促す食欲増進の効果もあるとされています。
 
 クエン酸を豊富に含んでいる主な食べ物としては、梅干し、レモン、グレープフルーツ、いちご、パイナップル、キウイ、お酢などがあります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用に関する報告は特にないとされています。