免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ コリン・レシチン

コリン・レシチンの免疫力効果

コリン・レシチンの効果・効能

 コリンレシチンの主な免疫力効果には、細胞膜の修復栄養素の吸収促進記憶力や学習能力を高める効果アルツハイマー病や認知症の予防動脈硬化の予防肝機能の向上などがあります。

 コリンはリン脂質の構成物質であり、ビタミンBの一種です。もう一つのリン脂質構成物質であるイノシトールと共に脂肪肝を防ぐ栄養素として発見されました。コリンとイノシトールは、どちらもレシチンに含まれています。

 レシチンとはリン脂質のことですが、リン脂質とは細胞膜に含まれている成分で、特に神経細胞の膜に多く含まれています。レシチンは細胞膜を構成する主要な脂質として体内にも存在しているため、細胞への物質の出入りを調節する働きに関係していると言われています。

 コリンはその細胞膜の構成や修復も行うレシチンを作り出す重要な成分なのです。

 そのため、コリンが不足すると栄養素の吸収と老廃物の排泄に影響してきます。また、白血球の壁がレシチンとコレステロールなどでできているため、免疫細胞の強化のためにも必要不可欠です。

 それ以外にも神経伝達物質アセチルコリンが作り出されるのにもコリンが必要とされるため、コリンは脳内の記憶を形成する部分に働きかけて記憶力を高める作用があるとされ、認知症の予防などに効果あると言われています。

 コリン、レシチンを豊富に含んでいる主な食べ物としては、卵黄、牛・豚のレバー、大豆、枝豆、エンドウ豆、玄米、小麦胚芽、さつまいも、トウモロコシ、ブロッコリーなどがあります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用の心配はありませんが、摂取しすぎると魚のような体臭になる可能性があるとされています。