免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ アスタキサンチン

アスタキサンチンの免疫力効果

アスタキサンチンの効果・効能

 アスタキサンチンの主な免疫力効果は、強い抗酸化作用眼精疲労の改善動脈硬化メタボリックシンドロームの予防などがあります。また、筋肉の疲労の軽減脳細胞の老化防止肌の健康を保つ効果などもあります。

 アスタキサンチンはエビ・カニ等の甲殻類の体内に蓄えられる赤い色素のことで、ベータカロテンやリコピンと同じカロテノイドの一種です。鮭に多く含まれており、鮭の紅色はこのアスタキサンチンによるものです。

 また、ベータカロテンなど野菜に含まれるカロテノイドよりも、抗酸化力がとても強いとされ注目を集めています。

 抗酸化とは、活性酸素によって細胞が酸化し(サビつき)、老化していくことを防ぐことです。活性酸素は、体内の細菌やウィルスから守る白血球の働きに必要なものですが、増えすぎると健康な細胞をサビつかせてしまいます。

 酸素を摂り入れることで必ず発生するので、息切れする程激しい運動や消化のエネルギーがより必要になる食べ過ぎなどを繰り返すと、それだけ老化の進行が早まったり病気のリスクを高めたりします。

 アスタキサンチンの特長は、ビタミンEが細胞膜の内側で、β-カロテンが細胞膜の中心部で抗酸化力を発揮するのと違い、細胞膜の中心部と表面の両方で抗酸化力を発揮して免疫力を高めることです。

 特に紫外線によって発生し、シミやシワなど肌の老化の原因となる「一重項酸素」と呼ばれる活性酸素に対する抗酸化力が、ベータカロテンの約40倍、ビタミンEのなんと約500倍も強いことで注目されています。

 そのような強力な抗酸化作用の秘密は、鮭が産卵のために川を遡る時に多くの酸素を取り込むことで発生する活性酸素を防がなければならないことにあると考えられています。抗酸化作用の強いアスタキサンチンを筋肉に蓄えていることで、急激な筋肉のサビつきを防いでいるのです。

 富士フィルムヘルスケア未来研究所によると、そのアスタキサンチンの抗酸化力が、脳や目の健康を守ることや疲労回復、悪玉コレステロールの働きを抑制することによる生活習慣病の予防などの効能があるとして期待されています。

 さらに紫外線から肌を守るため美容にも効果があるということが、研究の結果分かってきたようです。

 また、アスタキサンチンは脳と目に対しても抗酸化作用を発揮することが知られています。脳と目は、生命活動を維持するために最も大切で、しかもデリケートな器官であるため、その入り口にはそれぞれ「血液脳関門」、「血液網膜関門」という、不用な物質がすべてはじかれてしまう関所のようなものがあるとされています。

 これらの関門は、脳や目に必要な栄養素のみをフィルターのような厳重なシステムで選別しているため、ビタミンCやビタミンE、βカロテンなどの抗酸化物質でさえ通れないのですが、アスタキサンチンはこれらの関門を通過することができる数少ない物質だとされています。

 アスタキサンチンは、脳や目に直接作用するその抗酸化作用で、眼精疲労の解消や、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が酸化されるのを防いでくれるため、血栓が出来ないよう脳の血管を若々しく保ち、脳梗塞や脳出血を予防する免疫力効果があると言われています。

 さらにアスタキサンチンには疲労回復効果もあります。

 運動するときに筋肉を収縮させる主なエネルギー源は糖質と脂質で、通常この二つは均等な割合で利用されます。しかし、激しい運動をした場合、筋グリコーゲンなどの糖質がエネルギーとして利用される割合が多くなり、激しい運動が長時間に及ぶと、貯蔵しているグリコーゲン量が減少して筋肉収縮のためのエネルギーを生み出すことができなくなってしまいます。

 運動をすると、筋肉を収縮させる主なエネルギー源として糖質と脂質が均等に使われますが、激しい運動になると、筋グリコーゲンなどの糖質がエネルギーとして利用される割合が多くなると言われています。

 しかし、アスタキサンチンを摂取していると、運動のエネルギー源として脂肪が優先的に利用されるようになり、筋グリコーゲンなどの糖の利用が抑えられることが分かったと言います。

 アスタキサンチンが身体に溜まっている脂肪や摂り入れた脂質をエネルギーに変えやすくしてくれ、その分、糖の利用が少なくなるので、筋肉疲労を予防できると共に、運動で生み出される疲労物質の抑制にもつながるとされています。

 また、脳にもグリコーゲンが存在しており、情報伝達を行う神経細胞(ニューロン)の重要なエネルギーとなっていますが、長時間の運動による疲労時には脳のグリコーゲン量も減少することが最近の研究で分かってきたと言います。

 脳グリコーゲンの減少が脳疲労の原因ともされているため、アスタキサンチンによる糖の利用の抑制効果は、脳疲労による疲労感を軽減するのではないかと期待されています。

 アスタキサンチンを豊富に含んだ主な食べ物としては鮭やいくらなどがあります。しかし鮭は焼きすぎるとアスタキサンチンは失われてしまうそうなので注意が必要です。

 過剰摂取した場合の副作用に関しては、特に報告はありません。

大塚製薬 ネイチャーメイド アスタキサンチン 30粒 [機能性表示食品]

新品価格
¥1,236から
(2016/5/27 17:57時点)