免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ グルタミン

グルタミンの免疫力効果

グルタミンの効果・効能

 グルタミンの主な免疫力効果は、筋肉の維持や強化小腸のエネルギー源になり腸の働きをサポートする効果免疫機能の向上アレルギー症状の予防・改善などです。

 グルタミンとは体内での合成が可能な非必須アミノ酸の一種で、体内のたんぱく質が分解されるのを抑えるはたらきがあり、また筋肉の60%をも占めるとも言われています。

 そのため、激しい運動を行うと筋肉中のたんぱく質の分解が活発化し、筋肉中からグルタミンが放出されるので、筋力トレーニングの際に摂取すると効果的だとされています。

 免疫力の向上という点でもグルタミンは様々な効果を発揮します。なぜなら免疫細胞である「リンパ球」の多くが集まっている小腸の主なエネルギー源になるのが、このグルタミンだからです。

 そのためグルタミンにはまず腸の修復を行い、腸の働きをサポートします。腸管には栄養の吸収を行う絨毛(じゅうもう)という突起がありますが、グルタミンはその絨毛の栄養源になります。

 腸管の絨毛は細胞分裂が活発に行われているので、次々と古い絨毛が剥がれ落ちると、その下から新しい絨毛が出てきます。このような腸の働きによって栄養を体内にとり入れることが出来ます。

 しかし、グルタミンが不足してしまうと、小腸の粘膜が萎縮して絨毛の高さが短くなり、小腸の壁が薄くなることで小腸のバリア機能が衰えてしまうと言います。そうなると小腸管内にある病原菌が血液中に移行しやすくなり、全身の血液循環に病原菌が入りこみ、病気へとつながってしまうのです。

 反対に、小腸内でグルタミンの濃度が高くなるとグルタミンを栄養分とするリンパ球の細胞分裂が活発になり、リンパ球の数が増え、さらにマクロファージといった免疫細胞の働きも活発になると言われています。

 そのことがウイルスや細菌などの、異物から体を守ってくれる免疫機能を高めることにつながるため、インフルエンザ予防や、アレルギー症状の予防・改善する免疫力効果が期待出来ます。

 また、グルタミンは40度以上の熱に弱いという性質があります。

 同じ非必須アミノ酸のグルタミン酸と名前が似ており紛らわしいですが、グルタミン酸にはアンモニアを解毒し、体外に排出する働きがあり、グルタミンはアンモニアとグルタミン酸に酵素が働いて変換し、無毒化されたものです。

 グルタミンを豊富に含んでいる主な食べ物は、生卵、生魚、生肉、小麦粉、海藻などです。

 グルタミンは普段の食生活では過剰になることはありませんが、過剰摂取すると肝臓にダメージを与えるため、1日40g以上摂取すべきではないとされています。

グリコ パワープロダクション アミノ酸プロスペック グルタミンパウダー 回復系アミノ酸 200g

新品価格
¥2,307から
(2016/6/3 14:07時点)

DNS グルタミンパウダー 300g

新品価格
¥3,564から
(2016/6/3 14:07時点)