免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ ケルセチン

ケルセチンの免疫力効果

ケルセチンの効果・効能

 ケルセチンの主な免疫力効果は、強い抗酸化作用血流改善コレステロール値を下げる効果動脈硬化の予防関節痛の症状をやわらげる効果などがあります。

 ケルセチンとは、紫外線などによる活性酸素から身を守るために植物に含まれている機能性成分「ポリフェノール」の一種です。フラボノイドの中のフラボノール類に分類され、特にたまねぎの皮に多く含まれており、淡い黄色のもとになっています。

 ケルセチンには、血液をサラサラにし血管壁や毛細血管を強くしたり、ケルセチンが持つ抗酸化作用によって血流を改善したりする免疫力効果があります。

 特に酸素を運ぶ赤血球が活性酸素によってダメージを受け、柔軟性を失い、細い血管を通りにくくなって血流が滞ってしまうのを防ぐはたらきがあります。ケルセチンにはこのような赤血球の働きを活発にさせる効果があります。

 また、強力な抗酸化作用で悪玉コレステロールの酸化を防いだりすることから、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞の予防などに効果があるとされています。特に日本人女性を対象にした研究で、ケルセチンの摂取量が多くなるほど、血中コレステロール、悪玉(LDL)コレステロールが低くなることが示されたそうです。

 他にも、皮膚バリアの強化作用や非常に高いヒスタミン抑制作用があることから、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患にも免疫力効果を発揮すると言われています。

 さらにサントリーの研究では、ケルセチンの血中抗酸化作用が関節炎でつくられる活性酸素を除去して、炎症・痛みを抑制することを確認されたそうです。そのため高齢者の関節痛からカラダを守る効果があるとして注目されています。それに加えて、ケルセチンが骨粗鬆症モデル動物の骨密度減少を抑制する可能性が、最近の研究で示唆されたようです。

 ケルセチンはたまねぎの皮に含まれているので、普段はなかなか摂取しにくいですが、粉末にしたり、皮を煮出してお茶にするといった方法で摂ることが出来ます。皮を粉末にしたものは市場でも販売されています。

 ケルセチンを豊富に含んでいる主な食べ物には、たまねぎ、ケール、ほうれん草、青シソ、パセリ、りんご、ブロッコリーなどがあります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用の報告は特に無いようです。