免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ セサミン

セサミンの免疫力効果

セサミンの効果・効能

 セサミンの主な免疫力効果は、強い抗酸化作用肝機能の向上コレステロール値を下げる効果高血圧予防ガンの予防および抑制などがあります。

 ごまに多く含まれているセサミンは、ごまの種子に含まれているリグナン類の一種です。

 ごまの成分の約1%は脂溶性の抗酸化物質が占めています。そのうち50~60%はセサミンであり、その他にはセサモリンやセサミノール、セサモール、エピセサミン等が含まれています。それらの総称を「ゴマリグナン」と呼んでいます。

 セサミンは、細胞のサビつかせるために老化をもたらす活性酸素を取り除く、強い抗酸化力があることで知られています。

 また、脂質の酸化が原因で発生する過酸化脂質は、細胞の老化やガンの原因にもなると言われていますが、セサミンには過酸化脂質が作られるのを抑えるはたらきがあるため、ガン予防にも効果的だと言われています。

 さらにセサミンには門脈という血管から肝臓に直接作用して、肝臓の働きを高める効果があることから、アルコールの摂り過ぎなどによる肝臓への負担を軽減することが期待されています。また、アルコール代謝に対する酵素の働きを高めるため、アルコール摂取時のアセトアルデヒドの急性毒性を減らす作用があると言われています。


 それに加え、セサミンにはコレステロールの酸化を防いで悪玉コレステロールを減らす効果や善玉コレステロールを増やす働きがあるため、動脈硬の予防に免疫力効果を発揮するとされています。

 セサミンを豊富に含んだ主な食べ物には、ごまやごま油などがあります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用は特に報告されていません。