免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ βクリプトキサンチン

β(ベータ)クリプトキサンチンの免疫力効果

βクリプトキサンチンの効果・効能

 βクリプトキサンチンの主な免疫力効果は、抗酸化作用糖尿病の進行の抑制骨粗しょう症の予防などです。

 β-クリプトキサンチンはカロテノイドの一種です。主に、活性酸素などの有害物質が体内の健康な細胞を傷つけるのを防ぐ抗酸化作用や、発がん抑制作用が強いことで知られています。温州みかんに多く含まれていることで知られています。

 血糖値を正常に保つ働きを改善したり、マウスの脂肪細胞の肥大化を抑制したりする効果もあることから、糖尿病や肥満の予防に免疫力効果を発揮すると期待されています。

 また、農研機構果樹研究所の報告によると、βクリプトキサンチンが閉経後の女性に対しては骨粗しょう症を予防する効果があることが分かったそうです。

 一般的には女性が閉経するとホルモンのバランスが変わるために骨粗鬆症にかかりやすくなると言われているのですが、βクリプトキサンチンの血中濃度が高い閉経女性は、骨密度が高いことが研究によって明らかにされたのです。

 このことはβ-クリプトキサンチンが直接作用することで、破骨細胞数が減少するとともに、破骨細胞によって古くなった骨が分解され破壊されていく「骨吸収」が抑制され、骨形成を促進し、骨密度だけでなく骨質や骨代謝も改善したからなのだと言われています。

 βクリプトキサンチンを豊富に含んでいる主な食べ物としては、温州みかん、でこぽん、ぽんかん、パパイヤなどがあります。

 過剰に摂取した場合の副作用の報告は特に無いようです。