免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンの免疫力効果

ホセファチジルセリンの効果・効能

 ホスファチジルセリンの主な免疫力効果は、脳機能の改善アルツハイマー病の予防・改善ストレスをやわらげる効果などです。

 ホスファチジルセリンは人間の体を構成している約60兆個の細胞の膜に存在するリン脂質の一種のことを指します。リン脂質とは細胞膜を形成している主な成分のことです。

 体内で脂肪が運搬・貯蔵される時にたんぱく質と結びつける役割を果たし、情報の伝達にも関わっています。ホスファチジルセリンは脳や神経組織に存在し、人間の場合では脳の全リン脂質の約18%を占めているため、情報伝達において特に重要な役割を果たします。

 ホスファチジルセリンは体内で合成される成分ですが、肉や大豆などにも含まれています。しかし食物由来のホスファチジルセリンは、そのままでは脳の関所の役割を果たす血液脳関門を通過することができないため、一度分解されてから脳内に入り、再合成されると言います。

 脳内に入り再合成されると、アセチルコリンやドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質を生産して分泌量を増やすとされます。これにより、神経伝達物質の化学的な作用と電気信号がニューロン間でスムーズに行われるようになり、情報伝達システムが高まって記憶力の保持や増強が期待できると言われています。

 そのためホスファチジルセリンは加齢とともに生じてくる神経伝達障害や、代謝の衰え、脳内での神経接合の欠落により起こる記憶力や判断力、集中力や平衡感覚などの低下に対して改善をする効果があると言われています。

 またホスファチジルセリンには血管壁や赤血球の細胞膜を柔らかくする作用によって血流を改善する働きがあり、それにより脳細胞の新陳代謝も活発になるとされています。さらにホスファチジルセリンは水になじみやすい性質もあるため、細胞の内と外の両方に作用して脳細胞の働きを強める効果もあると言います。

 他にもホスファチジルセリンは脳細胞の膜を柔らかくすることから、脳細胞同士の情報伝達を高めて頭の回転を速くする効果や、脂質の酸化を抑制して脳の神経細胞死を防ぐ働きがあるとされています。

 そのためホスファチジルセリンは、脳の機能を改善するほか、アルツハイマー病の予防やストレスをやわらげるといった免疫力効果があると考えられています。

 しかしホスファチジルセリンが効果を発揮するには、十分とされる量を最低でも1~2ヵ月は摂取することが必要だとされているため、大豆などの食材から多く摂ることは難しいとされています。

 ホスファチジルセリンを豊富に含んでいる主な食べ物には、大豆、納豆、豆腐、豚肉、鶏肉、卵などがあります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用に関する報告は特に無いようです。