免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ ムチン

ムチンの免疫力効果

ムチンの効果・効能

 ムチンの主な免疫力効果は、ドライアイの予防胃炎や胃潰瘍の予防ウイルスの侵入を防ぐ効果疲労回復などです。

 ムチンとは、たんぱく質と多糖類であるガラクタン、マンナンなどが結合した粘性物質糖のことを言います。

 納豆や山芋などの粘り気の強い食材のヌメリの元になっている成分ですが、食材に含まれているだけではなく、人間の涙、唾液や胃液といった分泌物や胃腸の粘液などにもムチンは含まれています。

 ムチンは涙に含まれる成分のひとつであるため、優れた保水力を持っています。目の表面を覆う涙は、油層と水層とムチン層によって構成されていますが、そのことが水分を角膜に密着させて蒸発を防ぎ、目の潤いを保っています。したがって涙の性質が低下すると、涙が均等に目の表面を覆うことが出来なくなります。

 そのため、異物や雑菌が目に入りやすくなり、様々な目の病気を引き起こすことになると言われています。ムチンは、目の角膜に最も近いムチン層に含まれているので、涙を目に繋ぎ止めるために必要な成分です。ムチンを補うことによって涙の働きを安定させることができるのでドライアイの改善などに有効だとされています。

 また、ムチンには粘膜を保護する働きもあると言われています。胃の粘膜や鼻や口など呼吸器の粘膜にはムチンが含まれているため、胃酸を防いだり、風邪やインフルエンザなどのウイルスの侵入を妨げたりする作用があるとされています。

 さらに、ムチンにはたんぱく質の分解・吸収を促す働きがあると言われています。たんぱく質は体の様々な組織を作り上げると共に体を動かすエネルギー源にもなる大切な栄養素ですが、ムチンには、たんぱく質を分解する酵素が含まれているので、食べ物から摂取したたんぱく質を吸収しやすくする働きがあるとされています。

 それによりたんぱく質をエネルギー源として効率良く利用することができるようになるので、疲労回復効果が期待出来ます。

 そのほか、胃の粘膜が保護されることで、アルコールが体内に吸収されるのが遅くなり、肝臓が無理なくアルコールを処理できるように助ける働きがムチンにはあります。アルコールによる肝臓の負担が軽減されると、肝臓が十分に機能し結果として効率よく中性脂肪を分解することができるようになるので、脂肪肝の予防にも免疫力効果を発揮すると言われています。

 ムチンは水溶性で熱に弱いという性質があるので、食品から摂取する際には加熱しすぎないよう注意が必要となります。

 ムチンを豊富に含んでいる主な食べ物には、納豆、ヤマイモ、サトイモ、オクラ、ナメコ、モロヘイヤ、レンコンなどがあります。

 過剰摂取に関しては、ムチンの主成分の多糖類は食物繊維であるとされているため、栄養素の吸収の妨げや下痢などを起こす場合があると言われていますが、サプリメントの大量摂取などをしなければ、摂り過ぎになることはあまり無いようです。