免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ ラクトフェリン

ラクトフェリンの免疫力効果

ラクトフェリンの効果・効能

 ラクトフェリンの主な免疫力効果は、免疫機能の向上、腸内環境を整える効果貧血予防、ドライアイの改善などです。また、老化の予防、骨粗しょう症の予防、内臓脂肪を減少させる効果、ストレスをやわらげる効果などもあります。

 ラクトフェリンは、1939年にデンマークの科学者ゼーレンセン博士によって発見されました。牛乳のなかから赤いたんぱく質が発見され、その後の研究で、鉄と結合する性質があることが分かったため、「ラクト=乳」、「フェリン=鉄と結合するたんぱく質」に由来して「ラクトフェリン」と名付けられました。

 ラクトフェリンは人間を含む哺乳類の乳、唾液、涙、血液、胆汁などに含まれていますが、動物の種類によってその濃度は異なってきます。最も濃度が高いのは、人間の出産直後の初乳だと言われています。この初乳には乳児を大きく成長させる栄養成分以外にも、細菌やウイルスから身体を守るための感染防御成分が多く含まれていますが、その一つがラクトフェリンなのです。

 これまでラクトフェリンは世界各国で研究され続け、様々な生理機能が明らかにされると共に、多くの効果・効能があることが判明しています。特に生体防御に重要な役割を果たす物質として注目を集めています。

 ・免疫調整作用……NK(ナチュラルキラー)細胞の活性、発がん予防、感染防御。

 ・抗菌・抗ウイルス活性……ピロリ菌や歯周病菌の抑制。ノロウイルス、病原性大腸菌の感染予防。

 ・がんの予防・抑制効果……がん細胞のアポトーシス(自滅)を誘導し、がんの増殖を抑える。

 ・ビフィズス菌増殖促進作用……腸内のビフィズス菌・善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを整える。また悪玉菌が好む鉄を奪うことにより悪玉菌の増殖を抑える。

 強い抗酸化作用……過酸化水素よりも激しい活性酸素「ヒドロキシルラジカル」の生成を抑える

 ・鉄分の吸収率を上げる……貧血を改善する。

 ・抗炎症作用……関節炎、大腸炎の改善。

 アレルギー症状の緩和・改善……腸管の粘膜に作用することで、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する。

 ・脂質の代謝改善……内臓脂肪を低減し病気にかかるリスクを下げる。

 ・ストレスをやわらげる……脳内モルヒネ作用を増強し、うつや精神疾患の症状を改善する。

 ・骨粗しょう症の予防……破骨細胞の働きを抑制。骨芽細胞やコラーゲンの生成量を増やす。

 そのほか研究によってドライアイの改善効果や、ストレスの緩和の可能性が示唆されています。

 またラクトフェリンは消化管である腸の粘膜に作用して「腸管免疫」と呼ばれる免疫システムの機能を高めることが、様々な免疫力効果を発揮する理由だと考えられています。

 ラクトフェリンは母乳に多く含まれていますが、非常に熱に弱い性質があるため、それ以外では加熱処理されていない乳製品です。普通に摂取することが難しいため、サプリメントの開発が進んでいます。

 しかしラクトフェリンは胃酸に負けることなく腸に届かなければ、上記のような様々な免疫力効果は発揮されないと言われているため、サプリメントから摂取する場合は、「腸溶性」で腸に直接届くかどうか気をつける必要があります。

 過剰に摂取した場合の重篤な副作用は報告されていないようですが、下痢などの症状につながる場合があるので、過剰摂取はしないほうが良いとされています。