免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ ルテイン

ルテインの免疫力効果

ルテインの効果・効能

 ルテインの主な免疫力効果は、黄斑変性症を予防する効果、白内障の予防・改善コントラスト感度の改善効果などです。

 ルテインは野菜に多く含まれる色素である「カロテノイド」の一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

 ルテインには網膜の黄斑を正常に保ち、抗酸化作用をサポートするなど、目の健康を保つ効果があります。ルテインは光そのものを遮る役割があり、光の一部が細胞に達してしまうことで細胞が酸化ダメージを受ける危険性が生じることがあっても、抗酸化作用をはたらかせることで防いでくれます。

 皮膚、乳房や子宮などからだの各部にも存在していますが、特に眼球においては網膜の黄斑部分に高濃度のルテインが存在すると言われています。

 しかし、ルテインは体内では作られません。そのため、活性酸素やストレス・加齢によってルテインが減ってしまった場合は食物から補わなければならないとされます。

 ルテインは体内に吸収されると、そのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されますが、黄斑部にルテインが多いとそれだけ目の健康は保たれます。なぜならルテインは蓄積されることで強い抗酸化力を発揮し、水晶体や網膜の酸化を抑えてくれるからです。

 特に蛍光灯やパソコン、テレビゲームなどの人工の光に多く含まれ、光線の中で最も高いエネルギーを持ち、細胞に与えるダメージも強力な青い光を吸収することで、目を守ってくれています。それ以外にも黄斑部にルテインが蓄積されると、ものの濃さ・薄さを見分ける能力であるコントラスト感度が高まるという研究報告もあるそうです。
 
 また、ルテインが不足すると白内障や加齢黄斑変性症といった眼疾患につながる可能性があるとされています。

 ルテインを豊富に含んでいる主な食べものには、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ、卵黄などがあります。

 過剰に摂取した場合の副作用は特に無いようですが、石油を原料とした合成ルテインについては、一部で摂取すると目のかゆみや腫れ、咳や喘息、胸焼けといった副作用が起こる場合があるそうです。