免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

red.jpg

HOME ≫ γ(ガンマ)‐オリザノール

γ(ガンマ)‐オリザノール

γ(ガンマ)‐オリザノールの効果・効能

 γ(ガンマ)‐オリザノール免疫力効果は、生活習慣病の予防、認知症の予防、脳機能の改善などです。

 γ(ガンマ)‐オリザノールとは、米糠(こめぬか)や胚芽に含まれているポリフェノールの一種です。ポリフェノールとは、植物の苦味、渋味、色素の成分となっている化合物の総称のことであり、強力な抗酸化作用を持っていることが主な特徴です。

 抗酸化作用とは、強い太陽の光を浴びたり、激しい運動を行ったり、過度のストレスを感じたりした時などに発生する活性酸素が、細胞をサビつかせて老化を促すのを防ぐ働きのことです。植物は太陽光の強い紫外線を浴びることによって生じる活性酸素の害をポリフェノールが防いでいると言われています。

 γ(ガンマ)‐オリザノールにも、そのような抗酸化作用があります。

 また、γ-オリザノールは、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールとのバランスを整える働きがあるとされています。そのため、生活習慣病の予防に役立つとも言われています。

 さらに、マウスや細胞を用いた基礎研究により、γ(ガンマ)‐オリザノールが、高脂肪食に対する嗜好性を軽減させ、抗肥満、抗糖尿病効果を発揮することに深く関与していることを明らかにされています(益崎裕章氏ら研究チームの発表)。

 益崎氏らの研究発表によると、高脂肪食の嗜好性については、脳の視床下部における小胞体ストレスの上昇が深く関与していると言います。そして、高脂肪食の摂取によって小胞体ストレスが亢進すると、より高脂肪食への依存が強化されてしまうそうです。

 しかし益崎氏はγ(ガンマ)‐オリザノールが、視床下部における小胞体ストレスを軽減する「分子シャペロン」として機能して、高脂肪依存食の悪循環を断ち切る作用があることを見出したとしています。

 それに加えγ(ガンマ)‐オリザノールには、小胞体ストレスを抑制し、β細胞の細胞死を抑え、インスリン分泌能を高める作用があることを突き止めたとされています。さらに、γ-オリザノールはβ細胞に直接的に作用し、血糖値を上げるグルカゴンの分泌も抑制する働きもあるそうです。

 そのため、γ(ガンマ)‐オリザノールは、肥満や糖尿病といった生活習慣病に効果があると期待されています。

 それ以外にも、脳の視床下部に直接働きかけて自律神経を調節するため、自律神経失調症にも効果があると言われています。

 γ(ガンマ)‐オリザノールを豊富に含んでいる主な食材としては、玄米やコメ胚芽油などがあります。

 γ(ガンマ)‐オリザノールの過剰摂取による副作用の心配は、現在のところ特に無いとされています。


お米を炊かなくても、手軽に
玄米のγ(ガンマ)‐オリザノールを摂れます。