免疫力を高めるための栄養成分小事典

免疫力効果のある栄養成分について情報発信しています。

イラスト1_レッド

HOME ≫ 必須脂肪酸

必須脂肪酸の免疫力効果

必須脂肪酸の効果・効能

 必須脂肪酸の主な免疫力効果は、血流改善・血栓や高血圧の抑制、生活習慣病予防、認知症予防、抗がん作用などです。また、アレルギー改善や脳や神経に対する作用もあることで知られています。

 必須脂肪酸とは、身体にとって必要であるにも関わらず、体内で作れない脂肪酸のことを言います。特に必須脂肪酸のうちのオメガ3と呼ばれるものは、リン脂質として体や脳の細胞の細胞膜の形成に関わっているため、非常に重要な役割を担っています。

 近年、多くの人が低脂肪志向になり、マーガリンなど飽和脂肪酸が多く含まれている食品に対して敬遠するようになったため、人の生命維持に必要な必須脂肪酸までも取らなくなっている可能性が指摘されています。そのため体内でも作られる飽和脂肪酸や、キャノラー油などに含まれる一価不飽和脂肪酸よりも積極的に摂る必要があります。

 必須脂肪酸の不足による症状については、はっきりと言えることが少ないため、医者を含めて多くの人が関心を払いません。しかし統計によれば、知らないうちに必須脂肪酸不足に陥っているために何らかの病状を抱えている人が多いと言われています。

 必須脂肪酸が不足すると、疲れやすさ、肌や粘膜の乾燥、消化不良、便秘がちなどといった症状を起こします。また、風邪を引きやすくなったり、気持ちがふさぎやすくなったり、高血圧になったりするとされています。

 ちなみに必須脂肪酸は多価不飽和脂肪酸と呼ばれ、n-3系(オメガ3)とn-6系(オメガ6)に分かれますが、特に大事なのはn-3系(オメガ3)の方で、α-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)のことです。

 α-リノレン酸は、ヒトの体内で、青魚によく含まれるEPAやDHAに変換されるため、血中の悪玉コレステロールを低くし、善玉コレステロールを高める働きをするとされています。 抗がん作用、血小板凝集抑制作用、血圧降下作用があり、不足するとガン、リウマチ、慢性炎症性疾患、動脈硬化、血栓、免疫不全などと関係してきます。

 ドコサヘキサエン酸(DHA)は、青魚、まぐろやかつおなどに多く含まれ、ヒトの脳や網膜のリン脂質の主要な成分となっていることで知られています。脳や神経組織の発育・機能維持に不可欠な成分であるため、ドコサヘキサエン酸を摂取することにより、脳がスムーズに情報伝達を行えるという効果があるといわれています。

 また、高脂血症の改善、血栓や高血圧の抑制、老人性痴呆症の改善や予防、抗炎症作用やアトピーの改善などの効果があります。

 エイコサペンタエン酸(EPA)は、いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれています。動脈硬化の原因とされる血小板の凝集を抑制する効果によって血液がサラサラになるため、動脈硬化の予防や改善に役立つとされています。

 それに加えて中性脂肪を減少する効果が高いので、高脂血症や血栓症、心筋梗塞や虚血性心疾患に対して強い効力を発揮すると言われています。

 また、炎症やアレルギーの原因となるプロスタグランジンやロイトコリエンといった物質を抑制するため、炎症やアレルギーの症状の改善や軽減してくれる効果があるとされています。

 多価不飽和脂肪酸のn-6系(オメガ6)は、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸などで、日本人が摂取するのはリノール酸がほとんどです。この代表的な脂肪酸であるリノール酸が、悪玉コレステロールLDLを低くする働きがあるとして、食品から摂取するようにと、盛んに宣伝されたことが一時期ありましたが、その後、善玉コレステロールHDLも同時に低くしてしまうことが明らかになったため、必要以上に摂取する必要はありません。

 しかし、n-6系も体内で作ることが出来ない必須脂肪酸ですので、ちょうど良い量を摂取するよう心がける必要はあります。

 過剰に摂取すると免疫能が低下するとされますが、n-6系が体内で不足すると、皮膚状態の悪化、成長の遅れ、肝臓や腎臓におけるトラブル、感染の頻発などが起こることが分かっているため、適度な量を身体に取り入れることが重要になってきます。

 必須脂肪酸n-3系(オメガ3)を豊富に含んでいる主な食品としては、魚油食品、肝油、ニシン、サバ、鮭、イワシ、タラ、あんこうのキモ、フラックスシード(亜麻仁)、えごま油、シソ油、くるみ、緑黄色野菜、大豆などがあります。



青魚の知的栄養素【DHA&EPA+サチャインチ】


 必須脂肪酸n-6系(オメガ6)を多く含んでいる食品は、葉野菜、種、ナッツ、穀物、植物性の油(紅花油、ひまわり油、コーンオイル、ごま油)などです。


 必須脂肪酸を過剰に摂取した場合、n-3系(オメガ3)に関しては特に重大な副作用は無いそうですが、必須脂肪酸と言っても脂質には変わりないので、むやみに過剰摂取することは禁物です。

 また、サプリメントで話題のDHA/EPAの過剰摂取は、お腹が緩くなって下痢気味になったり、血液をサラサラにして血栓を予防する効果があるため、血が止まりにくくなったりする側面があります。

 n-6系(オメガ6)については、摂りすぎると免疫能低下、ガン、喘息、関節炎などに関連が深いとされ、脂質代謝のバランスを崩すと言われています。